オーケーレックス株式会社
ENGLISH
HOMEニュースリリース製品情報会社案内お問い合わせ
会社案内

沿革

1953年 9月 現会長 恩庄二郎により、大阪化工機製作所として発足 鉛工事請負を生業とする 国内・海外の化繊・製紙・精錬所の硫酸プラントおよび耐酸工事業を始める
1972年 3月 騒音防止システムの開発を行ない、吹田工場に薄鉛板圧延機を設置、運転を始める
1974年 6月 薄鉛板圧延機付帯設備の設置
1976年 11月 法人組織に改組。社名を大阪化工株式会社に改称する
資本金1,000万円
振動防止材としての鉛製制振材の研究を開始
1978年 4月 鉛板直接溶融圧延法(DR法)の研究開始
8月 放射線遮蔽機器の開発に着手
11月 放射線遮蔽機器の製造を開始
1979年 1月 販売拡充のため東京都に東京営業所を開設
4月 DR法(直接圧延法)に関して大阪府の技術改善費補助金の交付を受け、研究を進展させる
8月 運輸省空港周辺民家防音工事用天井遮音材「ホーンシート」の製造、販売を開始する
1983年 10月 業務の拡大にともない豊中工場を新設
免震用鉛ダンパーの開発に着手
1987年 12月 鉛押し出しプレス機の設置
1988年 5月 防水ペタリの製造販売開始
1989年 3月 免震用鉛ダンパーの製造を開始(特許)
1999年 11月 吹田工場が日本工業規格表示工場となる(第599019号)
12月 資本金2,000万円に増資
2002年 12月 U-180型鉛ダンパー「OKU-180」国土交通大臣認定取得
2007年 9月 鉛毛製造装置の開発で特許取得
2008年 1月 金属製放射性物質保管用容器「RAP」を商標登録
2009年 4月 事業拡張のため本社・工場を神戸市に新築移転
神戸工場が日本工業規格表示認証工場となる(JQ0507002)
2012年 11月 社名をオーケーレックス株式会社と改称する